Instabizのレッスンを受けて

東京共同会計事務所
アドミニストレーション部 部長
(兼)海外進出支援室 リーダー

公認会計士 公認内部監査人(CIA)
濱中 賢司様


Q. InstaBizを受講されて良かった点は何でしょうか?
A. 同じ時間に継続的にすることで惰性に流されずに実施しやすい。
担任制なので、毎回自己紹介から始めて自己紹介だけ得意となることはなく(笑)、 先生が過去の学習内容を元に授業を進めてくれるので非常に効率的ですね。
あとは、予約を取らなくてよいので楽でした。半分強制となりますが、これも継続できる理由である気がします。

Q. InstaBizは講師がTESOLなどの英語教授法の資格を持ったプロ講師です。講師の質はいかがでしたか?
A. サイバーボードという独自の学習ツールを利用し、分かりやすく説明してくれました。
書込みツールの利用と先生の表情から、同じ空間にいるかのようにスムーズな授業です。発音もきれいな先生でした。

Q. 企業管理者(アドミニストレーション部部長)の立場から、社員英語教育におけるInstaBizの有用性は何だとお感じになりますか?
A. まずは、継続性でしょう。また、プロの講師というのも信頼性が高いですね。
希望すれば人事宛てに評価レポートが送られてくるのは、会社としては管理上ありがたいです。

Q. 今後、会計士のキャリアにおいても英語の重要性は上がっていくものと思いますが、その中でInstaBizの有用性は何だとお感じになりますか?
A. 公認会計士合格者も増え、会計士資格とは別の武器を持つことが必要な時代です。私自 身機会を得て、 ロンドンの会計事務所に出向し、英語での業務にはかなり苦労しましたが(実は今も苦労していますが…)、 英語が多少でもできることで業務の幅は格段に広がっています。外国人の友人も世界中におり、 交遊関係が広がりました。 事務所としても、英語ができる外国人の採用を進めています。昨年、 今年と2名の中国人を採用しました。オーストラリア人もおります。すべて英語は堪能(一人はネイティブですが)で、 英語関連業務が増えていることを実感しています。その意味でも、継続して学習出来る機会はとてもよいと考えています。

Q. 受講をご検討の皆様にひとことお願いいたします。
A. 継続は力なり――特に語学は使い続けないと上達しません。毎日決まった時間に英語漬けとなることはとても有効です。
継続することにより英語で夢を見られるようになることを祈ります。