スペシャルインタビュー

ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンクテレコム株式会社
ソフトバンクBB株式会社

人事本部 人事開発部 部長 源田泰之様

世界No.1企業を目指し、本格的な世界展開を行うソフトバンク
ソフトバンクが全社員に対して行う「英語教育」のゴールとは


ソフトバンクモバイル株式会社_人事開発部 部長_源田泰之

Q. 大きなテーマだと思いますが、グローバル企業を目指す御社にとって「英語」とはいったい何ですか?

A. そうですね。主に2つあるのですが、1つ目はソフトバンクは「世界一の会社になる!」と明言しているので、 グローバルということは当然避けて通れない道ですね。 そしてグローバルでビジネスができる人間をいかに生み出していくのか、が非常に大事なミッションになっています。グローバルに仕事をするためには、当然1つのツールとして英語ができないといけません。会社としてはそういった立場で社員に向けて英語学習を推奨しています。 一方、個人としても、ビジネスがどんどんグローバルに広がっていることは、まさにキャリアップのチャンスも広がります。
「英語ができること」が自分自身の可能性を広げることができるのだというメッセージを送っています。

--御社にはEntrepreneurship(起業家精神)を強く持った社員が多いと思いますし、将来のキャリアのために英語ができることは日本で働くすべてのビジネスパーソンにとって必要なところだと思います。

Q. 現在御社ではさまざまな英語教育をされていると思うのですが、ゴールはどのように設定しておりますでしょうか?

A. 現在、ソフトバンクでは全社員を対象に英語学習を推奨していますので、直接英語とは関係ない社員も語学の勉強に励んでいます。
人事としてのゴールでいうと、やはりグローバル化が進んでいく中で「グローバルでビジネスを成功させるために必要なグローバル人材を輩出できるのか」がすごく大事なテーマだと思っています。

-- それであえて英語を使って仕事をする社員だけでなく全社員に推奨しているのですね。

そうですね。正直言うと、意識付けなところもあるのです。ソフトバンクはこれまでのドメスティックな会社からGlobal Companyに変わるんだ、 変わっているんだ、という意識付けを全社員に持たせないと、なかなか全体のグローバル化はうまく進まないと思っています。 そのため、あえて全社員に対してアプローチしています。

オンライン英会話の魅力は、通学型英会話よりもコストパフォーマンスがよく、リアルな会話をとおして異文化や考え方の違いなども学べるところ。

ソフトバンクモバイル株式会社_人事開発部 部長_源田泰之

Q. 御社のプログラムでは留学研修、社内講師派遣、通学型英会話などがあると思うのですが、その中でInstaBizオンラインビジネス英会話などのオンライン英会話についてはどのように思いますか?

A. オンライン英会話は対面形式の場合よりコストパフォーマンスが優れているという点があると思います。また単なるeラーニングではなくリアルに英語を話していること です。ネイティブに非常に近い外国人とやり取りができるので、単に語学として話せるだけではなく、異文化や考え方の違いなども含めて非常に勉強になる。 この2つは大きなメリットだと思います。

―― ありがとうございました。